2月 6

働く意思がある方

ニートをしているけど、決して働く意思がないわけではない。働く意思はあるのですが、なかなか仕事に就くことができない人も中にはいるでしょう。このような人はすぐに脱出することができます。

就職のための方法論を紹介していきたいと思います。どうすればスムーズに就職をすることができるのでしょうか。まずは自分を知ることからです。自分はどんな仕事なら長続きすると思いますか?どんな仕事をやりたいと思っていますか?その自分に向いている仕事をまずは把握することから始めましょう。

履歴書・面接

そしてどんな仕事をしたいのかが明確になったら次は仕事を探してみましょう。ハローワークにいってもいいですし、家でインターネットを使って調べてもいいと思います。自分に合う仕事の求人があるか見てみましょう。そして自分が気に入った仕事が見つかったら、次は履歴書を用意して面接を受けにいきましょう。もし学歴が乏しくて追い返されるのではないかと不安になったら?ブランクがありニートをしている期間が長かったら?そんな人は次に学歴が乏しい、空間期間が長い人の履歴書の書き方をまとめていますので、参考にしてみてください。

コミュニケーション力

そして就職活動をしたいけど、自分のコミュニケーション能力が乏しいので難しいと思っている人は、コミュニケーション能力をアップさせましょう。コミュニケーションをアップさせる方法も次で紹介しています。

職業訓練

働く意思があるのなら手に職をつけてみるのもひとつの方法です。ニートを対象にしている職業訓練があることを知っていますか?せっかくこのような便利で使える制度があるのですから、やる気があるのならぜひ職業訓練などを利用して知識や技術を身につけるといいでしょう。ニートを対象にした職業訓練も紹介していきます。働く意思があるのなら、すぐにでもニートを卒業する日は違いでしょう。それこそレイブルの代表的な方々です。

レイブル、遅咲きの若者といわれている存在ですが、働く意思があるのですから、すぐに花を開くことができるでしょう。ちょっとした工夫と、ちょっとしたポイントを抑えて就職活動をしていればきっとすぐに働くこともできて社会貢献、企業貢献をすることができるはずです。